CHANGE -Body Make &Diet-

CHANGE -Body Make &Diet-

トピックス

自宅でトレーニング②

トレーニング
更新日:2017/07/09

スクワット②

スクワット②

スクワット②
今回はスクワットのフォームについて話していきます。
以前の記事で書いたようにスクワットは家で簡単にでき、脂肪燃焼効果も高いトレーニング種目です。
ただしやり方を間違えてしまうと怪我をしてしまう可能性があります。
そこで側面から見た怪我をしやすいフォームを2つ紹介します。
まず腰、背中が丸まっているフォームです。

このようなフォームで行うと腰に過度な負担がかかり危険です。
しっかりと顔を正面に向けて胸をはり腰が丸まらないようにしましょう。
次に膝が前に出すぎているフォームです。

このフォームで行うと膝の関節、靭帯に過度な負担がかかり危険です。膝が出やすい人はお尻を後ろに引きながら椅子に座るイメージでしゃがむとうまういきます。
上の2つに注意しながら正しいフォームで効果的なスクワットをしていきましょう。

 

 

 

記事一覧に戻る